新年の平凡なサラリーマンの1日


目覚ましが鳴る。いつもより寝起きが悪いのは昨日遅くまで起きていたからだろう。年明け2日しか仕事に行っていないのに起きるのがだるくして仕方ない。

「今日は大した仕事もない。午後から行こう」目覚ましを止め再び眠りについた。次に目が覚め時計を見ると11時ごろだ。

午後から出社するのにちょうどいい時間だ。ここでまた寝たら午後出社も間に合わなくなり今日はズル休みすることになる。

新年早々それはまずいのでカーテンを開け太陽の光を部屋に入れる。軽い昼飯を取ったあとに会社に向かうために部屋のドアを開けた。

最近朝は冷えるが昼頃だからなのかそこまで寒くない。会社に着くと急な仕事が1件あったがそれを片付けると平穏な午後が過ぎていった。

定時を告げるチャイムが鳴る。午後から出社したからかそこまで疲れていない。半休を取るため定時で上がってもいいのだが疲れもなかったので10時近くまで仕事をしていた。

仕事を終え外に出ると寒さが身に染みる。やはり夜は冷える。寒さを避けるため帰路を急いだ。家について遅い夕食を食べながら新年初の週末は何をしようか、そんな平凡なことを考えていた。イビサクリームの口コミと効果【VIO脱毛後の黒ずみに有効?】